2013年06月12日

今年の御出陣が正式決定!!

上越市HP;http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/kanko/13kensin-kaisai.html

『2013年「第88回謙信公祭」 出陣行列にGACKT(ガクト)さんが出陣

 掲載日:2013年6月12日更新

第88回謙信公祭につきまして、以下のとおり決定いたしました。

行事の詳細につきましては、内容が決定次第、順次ホームページ等でご案内いたします。

開催日
平成25年8月24日(土曜日)・25日(日曜日)

出陣行列及び川中島合戦の再現は、8月25日(日曜日)に実施。

会場
春日山城跡・春日山城史跡広場ほか

ゲスト
2年ぶりに、GACKT(ガクト)さんがゲストで出演。
8月25日(日曜日)に行われる謙信公祭のメインイベント、出陣行列と川中島合戦の再現において、謙信公役として上杉軍を率います。

GACKTさんの出演時間などについては、詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

謙信公祭とは
「謙信公祭」は、上越市の英雄・上杉謙信公の武勇と遺徳を称え大正15年から行なわれているまつり。
鎧兜に身をつつみ、槍刀を持った武者たちが勇壮な出陣行列を行います。街道の要所要所で鬨の声やパフォーマンスなどが行われ、子ども武者行列もありと、見どころ満載。
また、上杉・武田両軍が駆け回り、戦略や戦況がまるで映画のストーリーのように進む川中島合戦の再現は臨場感たっぷりで迫力満点。
他では見られない本格的なイベントで、毎年多くの観客を魅了しています。』





新潟日報より
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20130612048454.html

『GACKTさん、今夏も“出陣”
上越・謙信公祭、北陸新幹線開業控えPR

 上越市の夏の一大イベント「謙信公祭」(8月24、25日・春日山城跡周辺)にミュージシャンのGACKT(ガクト)さんが謙信公役で出演することが決まった。12日、同祭実行委員会が発表した。GACKTさんの出演は2年ぶり5回目。実行委は「北陸新幹線開業に向け、謙信公祭を全国に知ってもらうためにふさわしい」と期待した。

 GACKTさんは2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」で謙信を演じた。同年、謙信公祭に初出演したところ、祭の入り込み数は20万3100人と、前年の4・3倍に増えた。GACKTさんは08、10、11年にも出演している。

 ゲストの選定について、実行委の委員長は「乱世の世に義の心を貫いた謙信の姿を伝えてもらえる」と説明。12年の入り込みが約14万人に減ったことを挙げ「GACKTさんを迎えた祭では24万人に達した年もある。差は大きい」と誘客への期待も口にした。

 市は出演料や警備費などに約1800万円を本年度予算に盛っている。

 謙信公祭は88回目。24日に狼煙(のろし)上げ、地元や金沢市などの武将隊の演武などが行われる。25日はGACKTさんが出演する出陣行列と川中島合戦の再現がある。

【地域】 2013/06/12 21:02』


上越タウンジャーナルより
http://www.joetsutj.com/archives/52036632.html

『ガクト謙信2年ぶりの出陣正式決定 上越市の謙信公祭

6月12日 2013年[19:05]

 2013年8月24、25日に上越市内で開催される第88回謙信公祭の実行委員会は6月12日、同祭のイベントスケジュールを発表した。ミュージシャンのGACKT(ガクト)さんが2年ぶりに上杉謙信役で出演することが決定した。

↓2011年の謙信公祭に出演したガクトさん

ガクトさんは25日午後3時30分からの「出陣行列」と同6時からの「川中島合戦の再現」に出演する予定。同祭で謙信を演じるのは2年ぶりで5回目。上越市ではガクトさんの招へいにあたって出演料、警備費などを含め約1790万円を計上。入り込みは20万人、経済効果は2日間のイベントで5億円ほどを見込んでいる。

 今年は北陸新幹線の開業を前に、上越市を広くピーアールするとともに、沿線の都市と連携を強めようと、新たにイベントステージと大物産市を春日山公園に設ける。

 ステージに出演する武将隊は、上越市の「越後上越 上杉おもてなし武将隊」を始め、「金沢百万石武将隊」(金沢市)、「信州上田おもてなし武将隊」(上田市)、「山形おきたま【愛】の武将隊」(米沢市)が決定している。
 このほか、24日にはスポーツチャンバラ、献納米合戦、大民謡流し、25日には武てい式、みこし渡御などが例年通り行われる。』 

posted by マイマイフラワー at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]